忍者ブログ

[PR]

2020年05月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

開いた耳

2013年09月16日
叔母の最期の様子を聞いて
実は茶うさのことを思い出さずにいられませんでした


彼女は本当に沢山の言葉を理解していました
黒うさと比べると、頭の良さは歴然でした


彼女は最期、大変苦しみましたので

出来れば、もう意識なんてない状態だったらいいな
苦しみなんて感じられない状態だったらいいなって
何度も逃げの考えをしましたが


その度に思いだされるのが「開いた耳」です






彼女がこの世から旅立った後も
彼女の左耳はこちらへ向けて開いたままでした


最期の最期まで飼い主の声を拾ったかのように


「嫌だ、死なないで」と言っていた間は
苦しくても頑張ってくれていたけれど


「ごめんね、もう頑張らなくていいんだよ」と言った途端に
彼女はすぐに行きました


それはもう、本当に、楽になって、旅立ちました
(もちろん偶然でしょうが)


でも彼女は、最期の最期の飼い主の声を

ちゃんと聴いてくれてたんだなぁって

開いた耳を見ると、そう思わずにはいられなかったのです


彼女は本当に頭の良い、立派なうさぎだったんですよ


拍手[2回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可
BACK | HOME | NEXT